アニメーション

Procreate

背景が動くアニメーション作成|Procreate

背景が動くアニメーションをProcreateで作る方法をご紹介します。1枚イラストを描くだけで背景が動くアニメーションです。 今回は上から下に落ちてるように見えるアニメーションです。キャンバスの向きを横にすれば、歩くアニメーションに便利な横に動く背景も作れます。
Procreate

水滴が落ちるアニメーション【10フレーム】でできる!

簡単な水滴が落ちて、跳ねるアニメーションの作り方をご紹介します。 10フレームでできる簡単なものです。試用したお絵描きアプリはプロクリエイトです。
Procreate

簡単な歩くアニメーション作成【6フレーム】でできる。

簡単な歩くアニメーションの作り方をご紹介します。歩くアニメーションでは足の角度や、地面からどのときにかかとが離れるのか、手を振る位置など細かいことはなしのアニメーションです。 6フレームでループすることで、歩いているアニメーションに...
Procreate

笑っているアニメーションの作り方【Procreate】

イラストが描けたら、Procreateのアニメーション機能を使って肩を震わせて笑っているアニメーションを作ってみましょう! 顔と肩のレイヤーを分けるだけで簡単にできるアニメーションです。
Procreate

【影が揺れる】アニメーションの作り方|ハロウィンにぴったり!【Procreate】

ライトを顔の下から当てて、影が揺れているようなアニメーションの作り方をご紹介します。レイヤーの複製とグループ化にしてアニメーションを作成していきます。
Procreate

しゃべっているような口が動くアニメーションの作り方【Procreate】

しゃべっているような、キャラクターの口が動くアニメーションの作り方についてご説明します。 アニメーションで動かしたい部分と動かさない部分を別々のレイヤーに描いてグループ化をすることでアニメーション作成が簡単になります。 口以外の部分の絵を複製し、口の形別でレイヤーを増やしグループ化して作成してみましょう。
Procreate

なめらかに動くアニメーションの作り方【Procreate】レイヤーを複製と移動するだけ!

Procreateでなめらかに動くアニメーションの作り方をを紙飛行機イラストを使用してご説明します! 紙飛行機が飛んで行く流れを書いたレイヤーに沿って、複製させた紙飛行機をスタート地点から終了地点まで移動させるだけです。イラスト画像付きで説明します。
Procreate

ウィンクするアニメーションの作り方【4フレームでできる!】

4フレームでできるウィンクをするアニメーションの作り方についてご紹介します!保持する時間の設定と再生の種類をピンポンにすることで簡単でたった4フレームでウィンクアニメーションが作成できます。Webサイトで使用するには書き出しファイル形式を「アニメーションGIF」の「ウェブ対応」にします。
Procreate

【Procreate】でアニメーションを作る基本!初めに知っておくと作成が楽になる!

Procreateでのアニメーション作成の流れは、ざっくりと「アニメーションアシストをONにする」 「フレームを追加する」「絵を描く」といった感じです。フレームの追加方法、背景の設定、動く速度がわかれば描いた絵を動かすことができます。 パラパラ漫画と同じで、複数のフレームに絵をかくことで絵が動いて見えます。
タイトルとURLをコピーしました