Adobe

Adobe

【イラレ】パターンの作成方法・保存先は?他のドキュメントでも使える?

Illustratorのパターンとはオブジェクトを並べて規則性のある模様を簡単に作成できる機能です。作成方法は簡単でオブジェクトを選択してメニューの「オブジェクト」>「パターン」>「作成」から作成することができます。
Adobe

イラスト画像をベクター化する方法【Illustrator】

イラスト画像をIllustratorからベクター化する方法は「オブジェクト」>「画像トレース」>「作成して拡張」をしてベクター化することができます。 グループを解除して不要部分を削除、カラーを変更して完成です。
Adobe

保存したスウォッチの編集【Illustrator】

保存したスウォッチを開いても直接色、カラーグループ、パターンの追加や削除ができないので一度ドキュメントのスウォッチに移動させてから追加をして保存して置き換えることでスウォッチを編集することができます。
Adobe

作成したカラーグループを【別ドキュメントで開く】方法|イラレ

Adobe Illustratorで作成したカラーグループが新規ドキュメントや別のドキュメントで開くと登録したはずのカラーグループがない!ということがあります。 作成したカラーグループはスウォッチごとエクスプローラーに保存して、新規ドキュメントを開いたらカラーグループも開けばいいのです!
Adobe

等間隔・〇〇mm間隔で配置する【Illustrator】

Illustratorで間隔を揃えてオブジェクトを配置したい場合は「オブジェクトの分布」から揃えることができます。3mm間隔など幅を指定して等間隔で配置したい場合には「等間隔に分布」で間隔を指定しすると簡単に間隔をそろえることができます。等間隔に配置することができると名刺を作成するときにも役立ちます!
Adobe

イラストレーターはみ出した線を削除する【iPad版】【PC版】

イラストレーターで絵を描いていると線と線の繋ぎ目をぴったりくっつけて描くことが難しいこともあります。隙間をぴったり埋めて描くには線からはみだして描いて【シェイプ形成ツール】で消す!です。iPad版IllustratorとPC版ではみ出した部分を削除する方法をご紹介します。
Adobe

左右対称のイラストを描く【イラストレーターiPad版】

iPad版Adobe Illustratorで左右対称のイラストを描くには同時に描画されるツールはないので片側だけ描いたものを複製、反転、移動させて作成することができます。
Adobe

塗りブラシで色を塗る【イラストレーターiPad版】

塗りブラシで色を塗る【イラストレーターiPad版】
Adobe

ベクターイラストを作成する【イラストレーターiPad版】塗りブラシ

今回はiPad版イラストレーターを使ってベクターイラストを作成します!私が普段やっている「下書きをトレース」と「色の塗り方」をご紹介します!塗りブラシ編です。
Adobe

白枠の付け方3選【Procreate】【iPad版Illustrator】【Photoshop】

Procreateで白枠を付けるメリットはProcreate内で完結することですが、デメリットはジャギーが目立つことです。iPad版Illustratorから白枠を付けるメリットはProcreateから白枠をつけるよりきれいな仕上がりになります。デメリットは手順がProcreateより多いことです。 Procreateで作成したイラストをPSD形式で書き出してPhotoshopから白枠を付けていきます。白枠を作成するのではなく、「レイヤー効果」から境界線を付ける作業になります。
タイトルとURLをコピーしました