Procreate

Procreate

簡単な【リアルな木の葉】の描き方|Procreate

お絵描きアプリProcreateのデフォルトで用意されている「スノーガム」ブラシで簡単にそれっぽいリアルな木の葉の描き方をご紹介します。
Procreate

写真の背景を切り抜く方法【Procreate】

Procreateから写真などの背景を切り抜く方法は「選択ツール」から「自動」を選択して切り抜きたい部分をタップするか、「フリーハンド」と「削除」から切り抜くことができます。
Procreate

ブラシサイズを保存する【Procreate】

ブラシを選択したらブラシサイズを変更してスライダーをタップすると、サイズが表示されるので「+」をタップして保存するだけの簡単な作業です。ブラシサイズは複数保存が可能です。不透明度も同じように「+」をタップして保存することができます。
Procreate

簡単!シャボン玉の描き方【Procreate】

デフォルトブラシのみで実際に私が普段描く、それっぽく見える簡単なシャボン玉の描き方をご紹介します。ソフトブラシで円を描いてカラフルに塗って消してハイライトをつけるだけの簡単なシャボン玉の描き方です。
Procreate

1枚絵のアウトラインと色を分ける方法【Procreate】

アウトライン(線画)と色が1つのレイヤーから作成したものを別々のレイヤーに分ける方法は選択ツールから自動を選択して切り取りたい部分の色をタップします。カット&ペーストをするとレイヤーを分けることができます。
Procreate

Procreateの【色収差】でイラストをエモくする

Procreateの色収差では赤と青の色がずれてカメラレンズの色収差効果を再現できます。シンプルなイラストもあっという間にエモい仕上がりになります。色収差を発生させるレイヤーを選択して「調整ツール」>「色収差」>「遠近法」>キャンバス上で右にドラッグするだけの簡単機能です。
Adobe

白枠の付け方3選【Procreate】【iPad版Illustrator】【Photoshop】

Procreateで白枠を付けるメリットはProcreate内で完結することですが、デメリットはジャギーが目立つことです。iPad版Illustratorから白枠を付けるメリットはProcreateから白枠をつけるよりきれいな仕上がりになります。デメリットは手順がProcreateより多いことです。 Procreateで作成したイラストをPSD形式で書き出してPhotoshopから白枠を付けていきます。白枠を作成するのではなく、「レイヤー効果」から境界線を付ける作業になります。
Adobe

【Photoshop】白くなった境界線の消し方

今回はProcreateで作成したイラストをPSD形式で保存してPhotoshopで開いたときに境界線が白くなっている部分の削除方法をご紹介します!CMYKで作成したものをPSD形式で書き出してPhotoshopで開くとフリンジができていることがよくあります。
Procreate

【陰】と【影】のちがいと塗り方

陰とはざっくりと「陰」が光が当たらない部分「影」が光があたることによってできる暗い部分です。 「陰」には光が当たる部分の反対側、裏側を意識して塗ります。「影」には光が遮られてできる部分を意識して塗ります。
Adobe

【ラスター】と【ベクター】の違いと用途

ざっくりと「ラスター」とはドット(Pixel)で作成された画像です。「ベクター」とは点(アンカーポイント)と点をつなぐ線(セグメント)で作成された画像です。大きな違いはラスターデータは拡大すると線のギザギザが見えますが、ベクターデータは拡大してもギザギザやぼやけることなくきれいな線を保ちます。
タイトルとURLをコピーしました