なめらかに動くアニメーションの作り方【Procreate】レイヤーを複製と移動するだけ!

Procreate
スポンサーリンク

Procreateでなめらかに動くアニメーションの作り方をを紙飛行機イラストを使用してご説明します!
とっても簡単なので是非試してみて下さいね!

ProcreateとはiPad専用の有料イラスト制作アプリです。ブラシの種類が豊富で、Apple Pencilを使えば力の入れ方次第で線に強弱をつけることもできます。アニメーション機能にも対応しています。

まだApple Pencilをお持ちでないかたで、ペンで絵を描いてみたい!そんな方におすすめのタッチペンです。私は絵を描き続けるのかわからなかったので、こちらのペンでデビューしました。
このペンでも十分でしたが「線の太さ」や「色の濃さ」をペンに加える力によって表現することはできませんでした。
メモアプリなどにも問題なく書けたので満足した商品でした!

アニメーションってたくさん絵をたくさん描かないといけないでしょ?

今回やるアニメーションはフレーム数は多くなるけど絵は1回しか描かないよ!

うーたみ
うーたみ

え、わかんない。

動きの「流れ」を描く

今回アニメーションに使用したキャンバスサイズは(幅)1280×(高さ)1280pxの正方形です!

紙飛行機の絵が描けたらサイズを小さくして、アニメーションをスタートする位置を決め移動させます。絵を描くときに複数レイヤーを使用した場合は最後に1つのレイヤーに統合して下さい。

一番上に新規レイヤーを作成して、紙飛行機が飛んでいく流れを描いておきます。

うーたみ
うーたみ

紙飛行機が飛んでいく流れがあると、次にどこに紙飛行機を移動させればいいのか分かるからアニメーションが作りやすくなるよ!

 

イラストを複製し位置を移動する

紙飛行機のレイヤーを複製して、紙飛行機が飛んで行く流れに沿って少しずつ移動させます。
複製したレイヤーをさらに複製して、流れに沿って少しずつ移動させます。

うーたみ
うーたみ

少しずつ移動させると、レイヤー数は増が増えるね!これが滑らかに動くようになる原理だよ!

この作業を繰り返します。

紙飛行機の確度を変えるには、緑のポッチをタッチしたまま傾けたい確度まで傾けます。

アニメーションアシストON

紙飛行機が終了地点までいったら、飛行機が飛んで行く流れを書いたレイヤーは削除します。

次に🔧「アクションツール」から「キャンバス」を選択して「アニメーションアシスト」をONにします。

これで再生を押すと、アニメーションがスタートするよ!
アニメーションが速いなと思ったら、設定から「フレーム/秒」を5~8くらいに変更すると少しゆっくりと飛んでいくように見えます。

アニメーションの細かい設定についてはこちらの記事をご覧ください。

うーたみ
うーたみ

絵を描くのは1度であとは複製と移動を繰り返してできるアニメーションだね!

タイトルとURLをコピーしました