和紙にイラストを印刷するとどんな感じ?【Procreate】でお絵描き!

オリジナルグッズ
スポンサーリンク

和紙に印刷ってできるの?と思い印刷可能な和紙にProcreateで描いたイラストを印刷してみました。
一般的な白い印刷用紙とも比較してみます。

ProcreateとはiPad専用の有料イラスト制作アプリです。ブラシの種類が豊富で、Apple Pencilを使えば力の入れ方次第で線に強弱をつけることもできます。アニメーション機能にも対応しています。

まだApple Pencilをお持ちでないかたで、ペンで絵を描いてみたい!そんな方におすすめのタッチペンです。私は絵を描き続けるのかわからなかったので、こちらのペンでデビューしました。
このペンでも十分でしたが「線の太さ」や「色の濃さ」をペンに加える力によって表現することはできませんでした。
メモアプリなどにも問題なく書けたので満足した商品でした!

青山さん
青山さん

和紙って印刷できるんだ!どのプリンターでもいいの?

インクジェットプリンター、レーザープリンターに利用できる麻から作られた和紙を使用するよ!

うーたみ
うーたみ

インクジェットプリンターとレーザープリンターの違い

インクジェットプリンターは、液体のインクを使って印刷します。よく家庭用で販売されているプリンターがインクジェットプリンターです。

レーザープリンターは、トナーパウダーを熱で溶かして紙に着けるプリンターです。
消費電力が大きいため家庭用としてはあまり適さないかもしれません。

インクジェットプリンター レーザープリンター
写真を綺麗に印刷できる 
           
・大量印刷は不向き

・消費電力が少ない
色のバリエーションがインクジェットより少ないので
写真の印刷はインクジェットに劣る。

・印刷のスピードが速い

・印刷に使われるトナーパウダーは
インクジェットのインクより長持ちする

コンビニに置かれているプリンターはレーザープリンターになります。

レーザープリンターに対応していないインクジェット用紙をレーザープリンターで使用すると、印刷時に発生する熱(トナーを熱で溶かす)で表面が溶けてしまうこともあり、プリンターの故障にもつながるので気を付けて下さい。

うーたみ
うーたみ

オリジナルポストカードは年賀状などを買うときに「インクジェットプリンター」か「レーザープリンター」か聞かれることがあります。
コンビニで印刷をする場合は「レーザープリンター」対応のものを購入してね!

麻紙に印刷

麻紙(まし)とは、麻を原料にした和紙です。
今回使用する麻紙はこちらです。

この和紙の特徴は次の通りです。
Amazonで値段は30枚入りで581円です。

・長い繊維がのこっている。
・にじみが抑えられる。
・麻100%の製品
うーたみ
うーたみ

麻紙の色はうすーい黄色と緑の間で透けた感じがいい!
ツルツルとザラザラの面があるけど、ツルツルの方に印刷するみたい!

こんな感じでProcreateで描いたイラストを麻紙に印刷します。今回使用したプリンターはEPSONのEP-707Aです。

Epson70Lと80Lの違いはインク量だけかな?と思い少し安い70Lを買ったらプリンターにセットできませんでした。ICチップの主記憶装置が違うのと使用対応機器も違うそうですTT。

和紙と白の印刷用紙と比較

画質が悪いですが左が一般的な白い印刷用紙で、右が和紙になります。
じゃっかん和紙の方がインクがにじんだ感じなのと、色が濃い感じです。

他のイラストも印刷してみました。
和紙の感じがいいですね。

紙質がわかるように横から撮ってみました。

 

 

 

和紙に印刷するだけで雰囲気でますね!是非ためしてみて下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました